2006年04月27日

京王線にもATC導入へ?

◆沿線駅周辺開発を積極展開/06年度設投額グループで570億/京王電鉄(建設通信新聞4/27)

 ↑の報道によると、京王電鉄にもATC(自動列車制御装置)が導入される予定のようです。(記事の末尾部で一言だけ言及)
 ネット上では最近噂されているものの、同社からの公式発表はまだなく、装置仕様や導入区間などについて、具体的なことは分かりません。
 ただ、私が勝手に推測するに、以下のようなものなのでしょう。

(1) 装置仕様… 都営新宿線のものと同一仕様、または互換性のある仕様
(2) 導入区間… 京王線(運転密度の高い区間から徐々に導入)

☆(1)について
 京王線では現在、ATS(自動列車停止装置)が導入されています。
 京王線ATSは、信号器の現示に対応した速度制限情報を、地上子を通じて車両側に送信しています。
 速度制限情報をいったん受信すると、次の情報を受信するまでは現在の情報が記憶され、速度超過時には自動的にブレーキがかかります。
 このシステムでは、前方の信号が上位の現示に変わっても(制限速度が上がっても)、その地上子を通過するまでは遅い速度で運転し続けなければなりません。

 いっぽう、京王線と相互乗入を行っている都営新宿線では、「デジタルATC」が導入されています。(2005年に導入)
 これは、JR京浜東北線・山手線へ導入が進みつつあるデジタルATC("D-ATC")のシステムをほぼ踏襲しています。
 D-ATCや都営新宿線デジタルATCは、停止信号までに安全に停止できる速度を車両側で計算し、それに応じてブレーキを自動的にかける機能を持っています。
 停止信号までの距離情報は、地上設備側からレールを通じて車両側に送信されます。
 (地上設備側からはこの他に、地点情報(軌道回路・距離程)が、レールや地上子を通じて車両側に送信されます)
 (ちなみに、各地点ごとの(カーブやポイントなどの)速度制限情報は、車両側でデータベースを持っています)

 都営新宿線デジタルATCは、従来のATCや京王線ATSに比べ、スピードアップが容易に図れるというメリットがあります。
 (「車両性能に合わせ、停止信号ギリギリまで高速度を維持できる」ことが理由です)

 京王線では現在、都営新宿線に乗り入れる車両に対し、都営新宿線デジタルATCを搭載しています。
 京王線にもこれと互換性のある仕様のATCを導入すれば、「スピードアップと安全性向上の両立」の他、設備の有効活用にもつながります。
 (ATCとATSの保安度に関しては、別の機会に述べたいと思います)

☆(2)について
 一気に全区間へ導入されることはないでしょう。
 ATCはATSに比べ、大がかりな設備になることが多く、導入コストが割高になる傾向があります。 
 一口に「京王線」といっても、運転密度は区間により相当の差があります。
 デジタルATCの導入効果が特に高い区間(=運転密度の特に高い区間)から優先的に導入していくと考えるのが自然でしょう。

 ちなみに、ATCを既に導入している私鉄としては、東急が挙げられます。
 東急も、全線で一気に導入したわけではなく、導入効果の高い区間から徐々に導入しています。(一部路線では現在でもATSですし…)
 東横線も2004年1月までは、菊名を境にしてATCとATSを切り替えて運転していました。

**************************
ATS関連記事はこちらをクリック
posted by たーしー at 22:24| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

絵門ゆう子さん逝く

ゆっくり生きようー絵門ゆう子のメッセージ(絵門さんのホームページ)

 フリーキャスターの絵門ゆう子さんが、がんのために4/3に亡くなりました。
 絵門さんは2000年にがんの診断を受けて以来闘病を続け、その闘病生活をつづったコラムを、2003年11月から亡くなる間際まで朝日新聞(東京版)に連載してきました。

 私は正直なところ、絵門さんのことを殆ど知りませんでした。
 ただ最近になって朝日新聞を購読していた時期があり、そこで絵門さんのコラムを発見し、いつも興味深く読んでいました。
 「通常であれば動けない(であろうと言われている)」ほど病気が進行した状態でありながら、落ち込むことなく前向きに生き、仕事にも精力的に取り組んでいる状況がコラムから伝わってきて、「すごい人だな…」とただただ感心するばかりでした。

 私は3月いっぱいで朝日新聞の購読をやめたので、絵門さんのコラムも3/30までしか読んでいませんでした。(そして、結局これが最終回となりました)
 「その後どうなったかな…」と気になっていたところ、4/10の週に電車内で見かけた週刊誌の広告で、絵門さんが亡くなっていたことを知りました。
 「ああ、ついに亡くなったか…残念だな…」と思った反面、「よくここまで頑張ってきたな…。本当にお疲れさまでした」とも思いました。

 私自身は将来、どのような死に方をするか分かりません。(当然と言えば当然ですが…)
 ただ、重い病気にかかって死んでいく場合であっても、できるだけ前向きな姿勢で余命を全うしていきたい…という気はあります。
 その時に、絵門さんの晩年の取り組みは大いに参考になりそうな気がします。
 (勿論、死期が近づいた時のみならず、健康な時の生き方にも参考になるのですがね…)

 最後に、絵門さんのご冥福を心よりお祈りします。
posted by たーしー at 21:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

Macへの全面移行

あおぞら銀 安全性でマックに PC端末、夏までに変更(産経新聞4/9報道)

 あおぞら銀行が、同社で使用しているパソコンのOSをMacへ全面的に切り替えるとのことです。
 「セキュリティー面で信頼が置ける」というのが理由とのことです。
 Mac OSがセキュリティー面でどれだけ信頼が置けるのか、素人の私には判断しかねますが、恐らくは「Windowsに比べればウィルスの種類が少なく、比較的狙われにくい」という結果論に基づく判断なのでしょうね。

 セキュリティー面の問題はさておき、同社は今後、アプリケーションソフトの面では少し面倒な事態にしばしば直面することでしょうね。
 MacはWindowsに比べ、出回っているソフトの種類が少なく、しかも同じソフトでも、Mac版はWindows版に比べて値段が割高なケースが多くあります。

 「あらかじめインストールされているソフトのみでは業務が満足に行えないので、必要となるソフトを新たにインストールしたい」というケースは、どのような職場でも多々あることでしょう。
 そのような事態に直面したとき、あおぞら銀行は今後、他社に比べてソフト選定に苦労し、しかも多額の出費をする場合もあり得ますが、その点についてはどう考えているのかも興味深いところです。
 (「安全確保のために必要な出費増」と判断したのか、それとも「想定外だった」とうろたえるのか…)

 …と、少し意地の悪い見方をしてしまいましたが、あおぞら銀行の今回の措置が、Mac普及の起爆剤になってくれれば、私もMacユーザーの一人としては嬉しく思います。
 ソフトの普及・値下がりについて、直接的な影響は望めないでしょうが、ハードが普及すれば、いずれはソフトも徐々に普及・値下がりすることでしょうから。
posted by たーしー at 22:57| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

社会人生活〜新人時代と10年後と〜

 昨日(4/1)から、いよいよ新年度がスタートしました。
 もっとも今年は曜日の関係で、明日(4/3)が実質的な新年度スタートとなる職場が多いことでしょうがね…
 ということで明日は、多くの職場で入社式が行われることになるのでしょう。
 今年入社される皆さんが一日も早く新しい職場に慣れ、今後活躍されることを期待する次第です。

 私事で恐縮ながら、今年は、私が社会人になってからちょうど10年になる年です。
 思えばちょうど10年前の4/1に、私は最初に働いていたところで入社式を迎えました。
 (そして翌年の4/1には、現在働いているところで入社式を迎えているというオチも…(苦笑))

 10年たった今となってみれば、当時のことがつい先日のことのように感じられ、また、懐かしくも感じられます。
 でも当時は、「おいらは社会人としてうまくやっていけるのだろうか…」という不安感が重くのしかかっていました。
 実際この10年間で、仕事でミスをしたり、なかなか要領がつかめなかったりで、上司や先輩に叱責されたり、自分自身を情けなく感じたりしたようなことは、枚挙にいとまがありません。(恐らく今後も、似たような経験をし続けることでしょう…)
 そしてそのたびに、「自分の思い通りに物事が運んでくれるほど世の中は甘くないんだな…」ということを痛感させられています。

 でもその一方で、様々な業務経験を積んでいくうちに、仕事や人間関係に関する様々なコツが(少しづつですが)身に付いてきて、「以前ならばできなかったようなことがどんどんできるようになっていた…」というような嬉しい出来事にも時々遭遇するようになってきました。
 「コツを拾得したぞ!」などと自分自身では意識していなくとも、体で覚えていっていたのかもしれませんね…

 私の働いているところは異動が比較的多く、そのたびに従来とは大きく異なる内容の業務を経験する職員も少なくありません。(私もその一人です)
 「それまで積んできた職務経験が無になってしまうのでは…」という不安を抱くこともないわけではありませんが、「物事を広い視野で見る目を養うための良い機会になるぞ!」と、できるだけ前向きに捉えるように心がけています。

 私は今月から異動になり、明日は新職場への初出勤となります。
 新職場の業務内容は旧職場のものと大きく異なりますが、上記のような「前向きな」考え方を持ちながら新しい仕事を一日でも早く覚え、貢献していきたいと思います。
posted by たーしー at 21:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。