2006年08月23日

ATS速度照査のトラブル解決方策

 「JR西日本において、速度超過(というほどではないが、超過と判定されること)によりATSが作動して列車が急停止するトラブルが続発している件」については、このブログでも6/4に取り上げましたが、最近になって、この件に関する解決策が打ち出されたようです。

 この解決策とは、「ATSの速度照査機能が、従来よりも高めの速度でないと動作しないように、ATS車上装置の設定を変更する」というものです。

 今回問題となっているATS(ATS-SW)には「車上タイマー式速度照査」という機能があります。(この機能はJR西日本を始め、他のJR各社でも幅広く採用されています)
 これは、「線路上に(制限速度に見合った間隔で)2つ並べられた"ATS速度照査地上子"を通過するのに要する秒数」をATS車上装置のタイマーで測定していて、その通過秒数がタイマー設定値を下回った場合に、速度超過と見なして非常ブレーキを自動的にかけるというものです。

 JR西日本ではこれまで、タイマー設定値を「0.55秒」にしていましたが、今回、一部の車両については「0.50秒」に変更しました。(神戸新聞8/22報道による)
 これにより、従来よりも約1割ほど高い速度にならないと、ATSが作動しないようになりました。
 JR西日本によれば、「運転士の実態に合わせ調整したが、車両のブレーキの性能は高いので、安全上の問題はない」とのことです。

 以上、報道されていることなどを書いてきましたが、ここからは私の意見を書いていきます。

☆車上装置のタイマー設定値を変更することについては、ちょっと邪道な方策ではないかな…という気がしました。
(車上装置のタイマー設定値ではなく、速度照査地上子の設置間隔を(長めに)変更するのが筋と考えます。そうすれば、以下に述べる懸念が解消できます。
 作業が大変なのは勿論理解できますが、地上子設置間隔に問題があった以上は、それを適正な状態に直すのが根本的な解決方法でしょう)

(理由1)
 ATS速度照査地上子は、カーブやポイントでの脱線防止だけではなく、線路終端部や停止信号での過走防止にも用いられることがあります。
 ATSが動作する速度が1割上がった時、前者の場合はさほど問題ないでしょうが、後者の場合は果たして問題なしと言い切れるだろうか…という懸念が残ります。
 特に線路終端部の場合は、車止めの間近に設置された速度照査地上子で「10km/h」「5km/h」のような速度照査を行う場合もあるので、タイマー設定値の変更に当たっては、その車両のブレーキ性能や、走行路線の速度照査地上子設置状況などを慎重に考慮することが必要でしょう。

(理由2)
 タイマー設定値の異なる車両が社内で存在すると、運用上の混乱を来す恐れがあります。

 もっとも、これまでは「JR貨物の設定値は0.55秒」「旅客会社の設定値は0.50秒」と伝えられていたので、今回「JR西日本も0.55秒だった」という話を聞いて驚いている人は少なくないでしょうが…
 ちなみに、JR西日本の683系はJR東海に乗り入れていますが、683系のタイマー設定値はどうなっているのでしょうかね…
 (JR東海のポイント設置駅では、停止機手前に速度照査地上子を大量設置しているので、この件に関しては恐らく、JR各社の中で一番敏感なのでは…と考えます。乗り入れ他社への対応も一番厳しそうですし…)

********************************

(参考記事)
ATSの制限速度を緩和 非常停止頻発でJR西(東京新聞の8/21報道)
改良ATS、緊急停止頻発 JR西(神戸新聞8/22報道)

(関連記事)
ATS作動トラブル頻発(6/4の当ブログ記事)
ATS関連記事一覧
ラベル:ATS 速度照査
posted by たーしー at 22:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

終戦61周年

 戦争の件について、昨年(2005年)の8月は被爆の日に書いたので、今年は終戦の日に書くこととしました。

 小泉首相が今朝、靖国神社を参拝しました。
 (これにより、小泉首相にとっては「かねてからの公約を実現した」こととなりました)

 現職の首相が靖国神社を参拝することに関しては、私は以前にもこのブログで、自分の考え方を書きました。
小泉首相の靖国神社参拝(2005年10月18日の記事です)
 今回は、↑の記事で言及していなかったことについて、もう少し言及しておきます。

 靖国神社が現時点で抱えている問題点としては、以下のようなことが挙げられるでしょう。

(1) 東京裁判で「A級戦犯」とされた人々と、その他の軍人・軍属とが合祀されていること。
 → 結果的に、侵略戦争の責任者と、(その責任者の命令を遂行して命を落とした)犠牲者とを同列に扱うこととなる。

(2) 追悼対象が「軍人・軍属」にほぼ絞られていること。(一般戦没者を追悼する施設も一応あるが、本殿に祀られているわけではない)
 → 一般戦没者は侵略戦争の完全なる犠牲者であり、それらの人々を主体的に追悼していない状況では、戦没者追悼施設としては不十分。

(3) 神道形式での参拝を前提としていること。
 → 神道信者以外の戦没者にも神道を強制することとなり、政教分離・信教の自由等の原則に抵触しうる。

(4) 遺族の同意を得ない合祀が少なからず行われていること。
 → 合祀を望まない遺族にとっては、合祀を強制されたと映りうる。

 以上のような問題点を抱えたままの状況で、現職の首相が靖国神社を参拝することで、さまざまな摩擦を引き起こしているものと考えられます。
 (現職首相の発言・行為は、諸外国からはしばしば「我が国の国家としての意思を表明している」ものと捉えられるので…)
 色々書くと長くなりすぎるので、今回は上記(1)〜(4)のうち、(1)に特化して話を進めていきます。

 (1)について言えば、首相は犠牲者だけを追悼したつもりであっても、諸外国から見れば「侵略戦争の責任者をも一緒に追悼している(侵略戦争を正当化している)」と受け取られるわけです。

(少し話がそれますが、A級戦犯の話について…)
 東京裁判については「戦勝国サイドの一方的な裁判」との見方が少なからずあり、私個人としても「一理あり…」と感じる部分がないわけではありません。
 ただ我が国は戦後、東京裁判の結果を受け入れることを前提に講和条約を結び(賠償請求権も放棄してもらい)、国際社会に復帰してきているので、東京裁判を否定してしまえば、講和条約〜賠償請求権放棄〜国際社会復帰の前提が覆されてしまいます。

(余談はさておき、話を元に戻します)
 現職首相にも勿論、「信教・思想の自由」はあり、心の中で靖国神社へ思いを至らせることには、何ら問題はありません。
 ただ同時に首相は、我が国の国家・国民の運命を預かる立場にあるので、職務遂行過程においては、自らの思想・信条を多少抑制する必要が生じる場面もあります。
 また、前述の通り、現職首相の発言・行為は、諸外国からはしばしば「我が国の国家としての意思を表明している」ものと捉えられます。

 首相が自らの「信教・思想の自由」を貫き通すあまり、諸外国との摩擦を必要以上に生じさせ、それが我が国の国家・国民へ様々な不利益を生じさせる結果をもたらすとすれば、それは首相として無責任とのそしりを免れないでしょう。

 靖国神社を参拝することにより生じる、諸外国との摩擦を回避(少なくとも極小化)するためには、以下のような方策があるでしょう。

(A) 靖国神社の抱える問題点(上記(1)〜(4)のような)を解決した上で参拝する。
(B) 現状のままで参拝はするが、それについて否定的な考えを持つ国々に対して、丁寧かつ誠実な説明を行い、理解を得る。

 小泉首相の今までの動きを見る限り、上記(A)(B)のような方策を十分にこうじてきたようには、私には見えません。
 その結果、中国・韓国との摩擦を必要以上に増幅し、これらの国との関係全般に有形無形の悪影響を及ぼしているのは、国民の一人として非常に残念に思います。
 (勿論、中国・韓国の両首脳にも「反日を内政に利用している面」や「日本の首相と同じように意固地になりやすい面」が見られることは否定しませんが…)

 次期首相に就任する方が誰なのか(少なくとも建前上は)分かりませんが、次期首相には、国家・国民の利益を考え、自らの信条をきちんとコントロールして頂きたいと切望しています。
posted by たーしー at 22:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。