2006年12月31日

イルミネーションイベント

 標記の件については、昨シーズン(2005年12月18日)にも同じ題名で記事を書きましたが、今シーズンも再び書いておきます。

 今シーズン私が見てきたのは、以下の3箇所です。
(1) 「光の祭典」(東京都足立区;12/25終了)
(2) 「つくば光の森」(茨城県つくば市;1/8まで)
(3) 「光都東京・LIGHTPIA」(東京都千代田区;12/31終了)

 (1)(2)については昨シーズンも見てきました。
 そのため、根本的に目新しいものを発見することはありませんでしたが、いずれも昨年とは多少の変更点がありました。

☆(1)について
 昨シーズンまでは生物館が臨時開館していましたが、今シーズンは閉館していました。(少なくとも私が行った日は…)
 あと、竹の塚駅〜元淵江公園までの街路樹につけられたイルミネーションは、青と白(恐らくLED?)のツートンカラーになっていました。
 (昨シーズンまではクリーム色の単色(恐らく白熱灯?)だったので、雰囲気がかなり変わっています)

☆(2)について
 駅前の人工地盤の街路樹につけられたイルミネーションは、昨シーズンは青でしたが、今シーズンはピンクと白のツートンカラーに変わっていました。
 昨シーズンもさほど寒々しい感じはしませんでしたが、今シーズンの方がより綺麗に見えたような気がしました。(あくまでも私の感想)

☆(3)について
 これは、「昨シーズンまで開催されていた"東京ミレナリオ"に代わって開催されたもの」とされているようです。
 「東京ミレナリオ」が開催されなくなった理由ですが、これは、東京駅丸ノ内口周辺では様々な大規模工事が始まったことによるものです。
 「東京ミレナリオ」は非常に大がかりなイルミネーションであり、工事との競合は無理があるということで、開催を数年間中止しています。
 「光都東京・LIGHTPIA」は、「東京ミレナリオ」に比べるとかなり小振りな内容であり、駅周辺の各種工事との競合も最小限に抑えられています。
 イベント会場・内容は多岐にわたっていますが、ビル(丸の内ビル等)などの建築物をライトアップする展示も多く見られました。

 ちなみに、「東京ミレナリオ」のメイン会場だった仲通りには、今シーズンは、街路樹にオレンジ色の電球(またはLED?)によるイルミネーションがつけられていました。
 こちらは、「東京ミレナリオ」の時とは違って人通りはまばらでしたが、それなりに良い雰囲気を出していました。


☆つまらない余談
 私はここ何年間か、年賀状にイラストというものを入れたことがありません。
 イラストを描く能力は皆無ですし、かといって年賀状作成ソフトを買うのも面倒くさいし…というのが理由です。(殴)
 代わりに、年末の夜間イベントで撮ってきた写真を入れています。
 そしてここ数年間は、イルミネーションイベントの写真を入れています。(クリスマスカードと年賀状の合の子みたいな雰囲気を目指しています)
 いつもは撮ってきた写真をそのまま(あるいは少し加工するだけで)使用していましたが、今シーズンはどうも、そのまま使えそうな写真が見あたりませんでした。
 ということで今シーズンは、上記(1)(2)の会場で撮ってきた写真からいくつかのシーンを抜き出し、それらをPhotoshopで適当に合成して、ある程度ボリュームのある写真を作ってみました。
 後は壁紙を作る時と同じく、題字やラインを適当に引っ張って白抜きを入れて…という作業を引き続きPhotoshopでやって完成させました。
 かくして、今シーズンも(ハガキ代・インク代以外の)年賀状作成費用をゼロにすることができました。めでたしめでたし…(蹴)
posted by たーしー at 18:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行く年来る年

 早いもので、2006年も今日で終わりですね。
 毎年この時期になると、「今年は何て短かったんだ…」と感じるものですが、今年は特にそう感じました。
 昨年のことのみならず、2年前・3年前のことでさえも「ついこないだ」のことのように思い起こしてしまいました。

 それはさておき、今年1年間(このブログを初めとして)私のホームページをご覧頂いた皆様に、感謝を申し上げます。
 このところブログ・掲示板への投稿やホームページの更新が滞りがちですが、投稿・更新を行う際には、できるだけ面白い記事をご紹介できるよう、今後とも頑張っていきたいと思います。

 それでは皆様、良い年をお迎え下さいませ。
posted by たーしー at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

電話番号のケタ数

箱根地域の電話番号が10ケタに変わります!(NTT東日本神奈川支店のホームページ)

 これまで9桁だった神奈川県箱根地域の電話番号が、2007年2月25日から10桁になるそうです。
 普通の固定電話の番号はとっくの昔に10桁に統一されているものだと思っていたので、ちょっと意外でした。
 ということで、他の地域はどうなのだろうか…と思い、ちょっと調べてみました。

電話番号利用・指定状況(総務省のホームページ)
 ↑のページには、現在の全国の市外局番一覧と、過去10年ほどの変更履歴一覧が掲載されています。
 これによると、以下のようなことが分かります。

・電話番号が9桁(市外局番4桁−市内局番1桁−加入者番号4桁)の地域は岐阜県(高山市等)にもあります。
 ただしこちらも、2007年2月1日には10桁(市外局番4桁−市内局番2桁−加入者番号4桁)に変更されます。
 つまり、この日をもって、国内全地区の電話番号が10桁に統一されることとなります。

・以前は、市内局番がない(市外局番6桁−加入者番号4桁)地域がありましたが、これは平成17年度に消滅しました。


 ところで、昔の電話番号は桁数が少なかったようですね。(加入者数が少なかったこと、市外局番がなかったこと等により)
 1960年代以前の資料を見ると、5〜6桁(市外局番無し、市内局番1〜2桁−加入者番号3〜4桁)という電話番号をよく見かけます。
 (極端な場合、市内局番もなくて加入者番号のみの地域も…)

 いっぽうで最近では、加入者増に対応するため、市内局番の番号を増やす作業が全国各地で進められています。
 (「市外局番4桁−市内局番2桁」を「市外局番3桁−市内局番3桁」に変更し、市内局番の10の位に「0」や「1」を充当できるようにする…という手法)
 当分の間はこれで間に合うのでしょうが、これでも間に合わなくなった時には、「11桁以上の電話番号を持つ地域」も登場するのでしょうか…
タグ:電話番号
posted by たーしー at 20:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。