2007年10月16日

私の引越

 私はこのたび、引越をすることとなりました。(場所は小平市内、時期は11月下旬の予定)
 先週末には、引越先となるアパートの部屋を内覧してきました。
 そして部屋に問題のないことを確認し、その部屋への入居を決断し、今日、入居契約手続きを行いました。
 引越まであと1ヶ月。今後、準備に追われる日々が続きそうです。(汗)


(引越を行う理由)
 現在住んでいるアパートに入居したのは2003年6月なので、およそ4年5ヶ月ぶりの引越となります。
 現在住んでいるアパートも、そして所在地の足立区も、私はとても気に入っているのですが、いかんせん、アパートの入居期限が2008年6月で切れてしまうため、その前に引越先を決めなければなりませんでした。
 年度末には引越ラッシュとなり、その時期に「引越先として理想の物件」を確保できる保証はないので、「今のうちに理想の物件を確保し、さっさと引っ越ししてしまおう…」と考えました。


(引越先の選定経過)
 当初は下町地区(23区東部)を中心に探しており、一旦は足立区内の物件に決めかけていました。
 ところが、私の母(現在は八王子市内に在住)が、近年中に引越することを検討し始めました。
 その検討過程では、母と私が近所に住む案も浮上しました。(早い話、「同居は嫌だ。でも近所同士で別居ならOK」ということです…(何))
 そこで私は母に、「おいらは足立区内に引っ越すから、お母さんも近所に来ればどう?」と提案しました。
 ところが母は、物心ついて以来、下町地区には住んだことがなく、私の提案には難色を示しました。

 母は一人暮らしで、しかも最近衰えが目立ってきている(と、私は感じている)ため、あまり遠く離ればなれに暮らしているのも不安が残ります。
 (妹夫婦は神奈川県内に住んでおり、諸事情により、引越は極めて困難な状況です)
 私にとって、せっかく気に入った下町地区を離れるのは心残りですが、やむを得ず、引越先を再検討することとしました。
 そして、山の手地区(23区西部)・多摩地区(市部)の中から、候補となる物件(いずれもアパート)をいくつか探し、実際に現地へ足を運びました。
 その結果、「交通の便が悪くない」「店がそこそこにある」「町の雰囲気が悪くなさそう」という条件を満たすアパートを、多摩東部に2つ見つけ、どちらか一方に空き部屋が生じるのを待ちました。
 そして、小平市内のアパートに空き部屋が生じ、そこを最終候補としました。

 アパートの内覧には、母と妹も同行しました。(母が将来、近所に住むことを想定して、アパートの周辺も歩いてもらいました)
 その結果、2人とも町の雰囲気等を気に入ったため、母がその町に住むことに関しても問題ないと判断し、そのアパートへの入居を決断しました。
ラベル:引越
posted by たーしー at 22:33| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。