2006年01月09日

スキーイベントと再会と…

 私は先週末(1/6夜〜8夜)に、スキーをするために某所へ行ってきました。(ここ数年参加しているスキーイベントに、今回もお誘いいただいて…)
 今年は記録的な大雪ということで、当初は「我々が行く場所も大丈夫だろうか…」と心配していましたが、私たちが行った地域は雪がさほど多くなく(しかも粉雪)、比較的良好な条件でスキーを楽しむことができました。

(このイベントについて)
 このイベントは、正月明けの週末に毎年、同じ場所で開催されているものです。
 内容は殆ど「スキー講習会」であり、初級・中級・上級のクラスに分かれ、朝から夕方までみっちりと特訓を受けます。
 ちなみに私は、運動神経ゼロ&このイベント以外でスキーをしないので、万年初級者クラスですが、それなりに恐怖感・充実感を味わっています。(何)

 ちなみにこのイベントでは、「カービングスキー」と呼ばれるスキー板の使用が義務づけられています。(講習もカービングスキーに関するテクニックが主体となっています)
 カービングスキーとは大まかに言うと、「板のサイドが丸みを帯びており、また、板自体がたわみやすくなっているスキー板」のことだそうです。
 板への圧力のかけ方(踏み方)によってターンする方向を変えられるので、本来は使いやすい板のはずなのですが、私は(テクニックを頭では理解したつもりでも)なかなか実践できていません。
 でも、昨年よりは多少コツが分かってきて、ほんの少しだけ思い通りにターンできるようになったかな?…と思っています。

(参加者について)
 私が働いているところの職員を中心に、様々な人づてで毎年数十名集まっています。
 毎年、多少のメンバー変動があるものの、多くは毎年参加の常連者であり、初日に現地で落ち合った時には「やあ1年ぶりだね、元気だったか?」のようなやりとりがあちこちで交わされています。

 私を誘ってくれた方は、私が以前いた事業部門(A部門とします)の先輩で、講習のコーチも毎年務めています。(私は別のコーチのクラスでしたが…)
 A部門からは他に、数名の職員が参加していました。(いずれも過去に参加歴あり)
 私は2年前に別の事業部門(B部門とします)に異動しているので、このイベントは、A部門の人々と再会できる貴重な機会でもあります。
 (ちなみに、私の働いているところは事業部門を越えての異動が多いので、参加者の中には私と同じように、以前の職場の仲間との再会を喜んでいる人が相当数いました)
 また、私が宿泊した部屋には、A部門とB部門の職員が混在しており、両部門の経験がある私が(ほんのちょっとだけ)仲立ち的な状況になり、面白く感じました。
posted by たーしー at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11510588

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。