2006年02月26日

2.26事件70周年

 今日(2/26)は、「2.26事件」が起きてからちょうど70年になる日ですね。
 「2.26事件」については、詳しい解説のあるホームページが多くあり、また、私は歴史学に疎いので、ここでは詳しいことは述べませんが…(逃)
 ごくごく大まかに言えば、「陸軍の若手将校の一部がクーデターを企て、自らの支配下にある兵士たちを引き連れて、首都の主要施設を制圧したり要人を暗殺したりした」というようなものですよね?

 私が「2.26事件」という言葉を初めて聞いたのは確か、小学生の頃だったと記憶しています。
 当時は何のことか全く分からず、単に「"2.26事件"という名前を聞いた」というだけだったのですが…
 そして中学生になって、社会科の副読本(歴史資料集)や歴史漫画を見て、事件の内容について初めて知りました。
 ただその時も、事件の背景等について突っ込んで調べるまでには至らず、兵士に投降を促すビラの写真などを見て「大臣が殺されたのか…恐ろしいことがあったんだな…」と思った程度でした。

 「2.26事件」のことについて、私がもう少し詳しく調べる気になったのは、社会人になってからでした。
 きっかけは、兵士に投降を促すラジオ放送を聴いたり、将校への判決を報じる新聞記事を見たり、高橋是清邸(江戸東京たてもの園に移築)を見たりしたことでした。
 (上記はいずれも、別件について調べている過程で偶然にも発見したものでした)

 兵士に投降を促す放送の中で、「お前たち(兵士)は上官(将校)の命令に絶対服従して誠心誠意活動してきたのだろうが」「投降すれば今までの罪も許される」のようなくだりを発見して、先述のビラの意味も分かりました。
 当時の軍では、上官の命令には絶対服従であり、たとえ命令内容に問題があっても、下位の者は反対することができませんでした。
 事件の首謀者である将校たちを処罰するのは当然としても、その将校たちの命令に従っただけの兵士たちをも無条件に処罰するわけにはいかない…という判断が働き、兵士に投降を促すことになったのでしょう。
 もっとも、当該の兵士たちについては、日中戦争の時に過酷な部隊に配置され、多くの犠牲者を出したという話も聞きますが…

****************************

 さて、現在の我が国の職場ではどうでしょうか…
 上司の命令内容に(法令・社会通念上の面において)問題がある場合、部下はその命令を拒絶できます(というより、拒絶する必要があります)。
 また、上司が最終的に命令を発するまでの過程において、部下は上司に対して意見を申し述べることができます。
 ただ、上記の原則はあくまでも建前論であり、実際には上記の原則が守られていない職場が多くあることでしょう。
 これまでに企業や官公庁等において発生した不祥事の多くは、上記の原則が守られていなかったことにより発生したものでしょう。

 普段は「問題のある命令は拒絶するぞ!」と思っていても、いざ自分が身近な上司から命令を受けると、途端にその気持ちがなえてしまうのが、多くの人々の偽らざる気持ちでしょう。
 「その命令を拒絶したら、後々になって様々な不利益を被るのではないか…」という恐怖心が重くのしかかってしまうためです。
 恐怖心に押されて「問題ある命令」を実行してしまったばかりに、自らも責任を問われる結果になってしまった人々はこれまでに数多くいます。
 そのような人々を見ると、「愚かなことをしたものだ…」という気持ちと「お気の毒な…」という気持ちの双方がわき起こります。(もちろん、前者と後者の比率は、各事案ごとに異なってきますが…)

 幸い、最近では「法令遵守」ということが叫ばれてきているので、問題ある命令に対しては「No」と言いやすい雰囲気になりつつあります。(もちろん、職場ごとに異なりますが…)
 「"問題ある命令を拒絶した"ことを理由に受ける不利益」よりも「拒絶したことにより受けずにすむ不利益(刑事罰・社会的制裁等)」の方が、長い目で見れば大きいのだ…ということを、個人も組織も今一度認識すべきだな…と思いました。

 そのような考え方が一般的になることが、「2.26事件」の兵士たちの供養にもなるかな…と思っています。
posted by たーしー at 17:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13828985

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。