2006年04月02日

社会人生活〜新人時代と10年後と〜

 昨日(4/1)から、いよいよ新年度がスタートしました。
 もっとも今年は曜日の関係で、明日(4/3)が実質的な新年度スタートとなる職場が多いことでしょうがね…
 ということで明日は、多くの職場で入社式が行われることになるのでしょう。
 今年入社される皆さんが一日も早く新しい職場に慣れ、今後活躍されることを期待する次第です。

 私事で恐縮ながら、今年は、私が社会人になってからちょうど10年になる年です。
 思えばちょうど10年前の4/1に、私は最初に働いていたところで入社式を迎えました。
 (そして翌年の4/1には、現在働いているところで入社式を迎えているというオチも…(苦笑))

 10年たった今となってみれば、当時のことがつい先日のことのように感じられ、また、懐かしくも感じられます。
 でも当時は、「おいらは社会人としてうまくやっていけるのだろうか…」という不安感が重くのしかかっていました。
 実際この10年間で、仕事でミスをしたり、なかなか要領がつかめなかったりで、上司や先輩に叱責されたり、自分自身を情けなく感じたりしたようなことは、枚挙にいとまがありません。(恐らく今後も、似たような経験をし続けることでしょう…)
 そしてそのたびに、「自分の思い通りに物事が運んでくれるほど世の中は甘くないんだな…」ということを痛感させられています。

 でもその一方で、様々な業務経験を積んでいくうちに、仕事や人間関係に関する様々なコツが(少しづつですが)身に付いてきて、「以前ならばできなかったようなことがどんどんできるようになっていた…」というような嬉しい出来事にも時々遭遇するようになってきました。
 「コツを拾得したぞ!」などと自分自身では意識していなくとも、体で覚えていっていたのかもしれませんね…

 私の働いているところは異動が比較的多く、そのたびに従来とは大きく異なる内容の業務を経験する職員も少なくありません。(私もその一人です)
 「それまで積んできた職務経験が無になってしまうのでは…」という不安を抱くこともないわけではありませんが、「物事を広い視野で見る目を養うための良い機会になるぞ!」と、できるだけ前向きに捉えるように心がけています。

 私は今月から異動になり、明日は新職場への初出勤となります。
 新職場の業務内容は旧職場のものと大きく異なりますが、上記のような「前向きな」考え方を持ちながら新しい仕事を一日でも早く覚え、貢献していきたいと思います。
posted by たーしー at 21:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16049979

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。