2006年04月16日

絵門ゆう子さん逝く

ゆっくり生きようー絵門ゆう子のメッセージ(絵門さんのホームページ)

 フリーキャスターの絵門ゆう子さんが、がんのために4/3に亡くなりました。
 絵門さんは2000年にがんの診断を受けて以来闘病を続け、その闘病生活をつづったコラムを、2003年11月から亡くなる間際まで朝日新聞(東京版)に連載してきました。

 私は正直なところ、絵門さんのことを殆ど知りませんでした。
 ただ最近になって朝日新聞を購読していた時期があり、そこで絵門さんのコラムを発見し、いつも興味深く読んでいました。
 「通常であれば動けない(であろうと言われている)」ほど病気が進行した状態でありながら、落ち込むことなく前向きに生き、仕事にも精力的に取り組んでいる状況がコラムから伝わってきて、「すごい人だな…」とただただ感心するばかりでした。

 私は3月いっぱいで朝日新聞の購読をやめたので、絵門さんのコラムも3/30までしか読んでいませんでした。(そして、結局これが最終回となりました)
 「その後どうなったかな…」と気になっていたところ、4/10の週に電車内で見かけた週刊誌の広告で、絵門さんが亡くなっていたことを知りました。
 「ああ、ついに亡くなったか…残念だな…」と思った反面、「よくここまで頑張ってきたな…。本当にお疲れさまでした」とも思いました。

 私自身は将来、どのような死に方をするか分かりません。(当然と言えば当然ですが…)
 ただ、重い病気にかかって死んでいく場合であっても、できるだけ前向きな姿勢で余命を全うしていきたい…という気はあります。
 その時に、絵門さんの晩年の取り組みは大いに参考になりそうな気がします。
 (勿論、死期が近づいた時のみならず、健康な時の生き方にも参考になるのですがね…)

 最後に、絵門さんのご冥福を心よりお祈りします。
posted by たーしー at 21:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16652034

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。