2006年05月26日

JR東海も新型ATS導入へ

自動列車停止装置(ATS)の更新について(JR東海の公式発表資料)

 JR東海が新型ATS「ATS-PT」を導入することを発表しました。
 導入するのは同社の在来線全区間で、2011年度までに導入するとのことです。
 同社はこれまで新型ATS導入に否定的で、旧型ATS「ATS-ST」の地上子を増強することにより保安度向上を図ってきました。
 (ただし、その対策は十分なものとは言い難い状況でした。十分な対策をこうじることは、技術的には不可能ではないものの、効率的ではないため、あえて行わなかったものと思われます)
 それだけに今回の新型ATS導入決定は、かなり画期的なものと思われます。
 ATS-PTに関して、現時点では詳細な情報がありませんが、おそらく以下のようになるのでは…と、私なりに勝手に想像してみました。

☆設置形態
 おそらく、多くの区間では「拠点設置」となるのでしょう。
 (大まかに言うと、「ATS-PTは絶対信号(駅構内などの信号)のみに設置し、閉塞信号(駅以外の区間の信号)には設置しない(ATS-STのみを設置する)」という意味です)
 (ちなみに、JR東日本のATS-PsやJR西日本のATS-Pも、多くは拠点設置となっています)

 JR東日本・西日本などの状況を見る限り、5年間で全ての信号に対して新型ATSを設置するのは非常に困難であると思われます。
 また、運転本数の多くない区間では、閉塞信号にまで新型ATSを設置するメリットはさほど大きくないものと思われます。

☆機構
 恐らく、「ATS-P」(JR東日本・西日本で導入)または「ATS-Ps」(JR東日本(東北・信越地区)で導入)の、どちらか一方と互換性のあるシステムとなるのでしょう。
 (両者の機能に大差はありませんが、両者には互換性がありません)
 明確な結論は出せませんが、ATS-Pと互換性を持たせる可能性の方が高そうな気がします。

>ATS-Pと互換性を持たせた場合
(メリット)
・JR東日本・西日本のATS-P搭載車両やJR貨物のATS-PF搭載車両が、JR東海区間でもそのままATS-P(ATS-PF)を使用できる
・JR東海のATS-PT搭載車両が、JR東日本・西日本区間でもそのまま(あるいは多少の対策を施して)ATS-PTを使用できる

(デメリット)
・地上装置に関して、現在使用されている「ATS-ST」との親和性が低く、その分、設置費用が割高になる

>ATS-Psと互換性を持たせた場合
(メリット)
・地上装置に関して、現在使用されている「ATS-ST」との親和性が高く、その分、設置費用が割安になる
 (ただし、地上子の種類が比較的多く、JR東日本では設置の際に図面作成で苦労したという話もあり)

(デメリット)
・JR東日本・西日本・貨物からの乗り入れ列車にも、ATS-PTの搭載を求める必要が生じる

**************************
ATS関連記事はこちらをクリック
ラベル:JR東海 ATS
posted by たーしー at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。