2006年06月18日

クールビズ

 夏期のビジネス用軽装に「クールビス」の愛称が与えられてから、今年で2回目の夏が来ました。
 私の場合、昨年はスーツ等のビジネス服を着る機会が殆どなかったので、クールビズについて考える機会もありませんでした。
 ということで私は、今年の夏になって初めて、クールビズというものについて考えました。
 もちろん、政府が提唱する典型的な「クールビズ」のスタイルをそのまま取り入れるという選択肢もあり得たのでしょうが、それが私に似合うか否か、私には自信がありませんでした。
 そのため、自分に似合うクールビズとはどのようなものか、私なりに考えてみました。

 まず、クールビズの象徴として「ノーネクタイ」が挙げられるそうですが、現在の私はこれを受け入れることがどうしてもできません。
 (私の心の中に「ビジネス服にはネクタイが必需品」という観念があるのと、「自分がネクタイを外すと非常に間抜けな雰囲気になってしまうのでは…」という恐怖心があるためです)
 その一方で、「上着なし」「半袖Yシャツ」については全く抵抗がありません。

 以上のようなことを勘案した結果、今年の夏は「上着なし」「半袖Yシャツ」「ネクタイあり」で行くこととしました。
 ただ、Yシャツやネクタイの色遣いは多少派手にして、上着を着ないことによるアクセントの減少を補いました。
 自分で考えた服装が的確なものかどうか、私はまだ自信がありません。
 しばらく着続けてみて、もし違和感を感じてきたら、その時にまた新しい服装を考えてみようと思っています。

 クールビズについては小泉首相も、「"このような服装でなくてはいけない"ということではなく、各自の考え方に応じて服装を決めていけばよい」という主旨のことをたびたび言っています。
 私は小泉政権の支持者ではありませんが、この件に関しては小泉首相の意見に同意し、私なりに色々工夫していこうと思っています。
posted by たーしー at 20:56| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クールビズですか。私にはあまり縁のないものなのですが,最近は「縁のないものでもない」ようなのです。

クールビズと言うとネクタイをはずす,みたいな考えが一般的かもしれませんが,実はネクタイをしててもクールビズというスタンスもありのようです。通常のネクタイは首周りにネクタイ通して,という感じですけど,クールビズ対応のネクタイはいわゆる「なんちゃってネクタイ」で,首に回すのはひもだけで前はしっかりネクタイです。
そんなグッズもあったんだな,とテレビを見ながら関心してしまいました。

クールビズで自分にも,そして地球にも優しくしたいものですね。
Posted by ばた at 2006年06月19日 22:33
 ばたさん、コメントありがとうございます。
 そういえば私も先日、「なんちゃってネクタイ」のニュースをどこかで見ました。
 何となく七五三の時につけたネクタイを思い出してしまうので、私が今つけろと言われれば躊躇してしまいますが…(苦笑)
 でも、ネクタイを頻繁に着脱する人(通勤時はスーツ、職場では作業着…というような人など)にとっては、季節を問わず重宝できるかもしれませんね。
Posted by たーしー at 2006年06月20日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。