2006年07月17日

職場の机と仕事の進め方

新庁舎にノンテリトリアル・オフィス導入 千代田区(都政新報7/14報道)

 千代田区役所の新庁舎(2007年5月オープン予定)では、事務室の机を個人専用とせず、所属の職員で共用するとのことです。
 民間企業では、事務所職場にも共用机を導入した会社がいくつかあるようですが、官公庁の事務所職場では殆ど例がないのでは…と思われます。
 (私の記憶では、埼玉県庁で数年前にやっていたような気がしますが、現在はどうなったか把握していません)
 もっとも現場職場では、民間企業でも官公庁でも共用机が当たり前なのですがね…

 導入効果等について、↑のページにはコメントがありませんが、恐らく、記事では何かしら言及しているのでしょう。
 (私が想像するに、「資料が整理されやすくなる」「仕事を一人で抱え込まず、組織で共有する雰囲気が醸成できる」等の効果が期待できるものと思われます。理由は後述します)

 ここで、私自身の経験を…
 私はこれまでに、事務所と現場、両方の職場を経験しました。(事務所に8年間いた後、現場に2年間いて、現在は再び事務所にいます)
 事務所にいた頃は、個々の職員に机が割り当てられる状況を半ば当然視していたフシがあり、仕事で使う資料を平気で机上に積み重ねていました。
 もっとも当時も、現場職員の皆さんが共用机をきちんと片づけているのを見て、「おいらは机を散らかしてていいんだろうか…」と、半ば後ろめたいものを感じていたのですが…(汗)

 そんな私も2年前の4月に現場へ異動し、自分の机を持たない状況となりました。
 その時は初めての経験だったので、新鮮な気持ちを味わった半面、「これからは資料や私物をきちんと整理しないといけないな…」と思い、緊張したのを覚えています。
 その職場では、各職員に大きな引き出し1つと小さな引き出し2つが割り当てられ、机上作業は共用机で行うことになっていました。
 使った資料を共用机の上に放置しておけば他の職員に迷惑がかかるため、「仕事が済んだら資料はきちんと整理整頓する」「資料は他の職員にも分かりやすい(共有できる)状態にしておく」という意識が自然と身に付きました。

 そして今年4月、私は事務所へ異動し、再び自分の机を割り当てられました。
 今のところ、仕事が終わったらできるだけ、資料を定位置に戻すように心がけています。でも、日が経つにつれてそれが次第にルーズになっているような気がします。(蹴)
 この7月から新しい仕事(しかもかなりハードなもの)が増え、他の職員と協力しながら仕事を進めていく必要性が生じました。
 これを機会に、「資料は、他の職員にも分かりやすい状態に常に整理し、使用時以外は定位置に戻す」ことを心がけ、可能な限り実践していきたいと思います。
posted by たーしー at 22:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

loose slot
Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。
Weblog: loose slot
Tracked: 2006-10-13 15:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。