2007年07月06日

懐かしい母校

 大変ご無沙汰しております。(6月は完全にサボってしまいました…)
 早速、本題ですが…

 今日、私が卒業した大学のキャンパスに行ってきました。(仕事とは関係なく、私用と遊びを兼ねて…)
 卒業してから11年。卒業後にキャンパスを訪れるのは今日が初めてでした。
 11年ぶりに構内に足を踏み入れる時は、「懐かしいなぁ…」という気持ちと、「いい歳したおっさんがこんな所に来ていいのかな…」という気持ちとが相半ばしていました。

 構内を一通り歩いてみると、「学生時代に戻った気分」と「浦島太郎になってしまった気分」の双方を同時に味わいました。
 「ある建物は建て替えられ、別の建物は昔のまま残っていて、売店は業者が入れ替わっていて、学生の雰囲気は昔とさほど変わらず…」と言った状況を目にしたためです。
 学生の雰囲気が(私の在学当時と比べて)あまり変わっていない事はホッとしましたが、いかんせん、彼らは私よりも10〜16歳ほど若い人達なので、やはり「浦島太郎になってしまった気分」を感じてしまいました。
 (彼らも卒業後何年か経って、私と似たような気分を味わうことになるのでしょうか…?(謎)
posted by たーしー at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。