2007年07月06日

短距離な都バス

 特にバスが好きというわけではないにも関わらず、ここ数ヶ月、都バスに乗りまくっている私ですが…
 「歩く気になれば十分歩けるような距離」しか走らない、短距離の系統にもいくつか乗ってみました。

☆王49出入系統 (足立区役所〜千住車庫)
 王49折返系統(王子駅〜足立区役所)や草43系統(足立区役所〜浅草雷門)に使用される車両の入出庫を兼ねて運行される系統です。(時刻表や行先表示には「王49」と表示されています)
 足立区役所〜千住車庫までは1.4km程度で、所要時間は5分前後です。

 この系統は、時刻表には表示があるものの、路線図には表示がありません。(運行区間が他の系統と完全に重なるためか…)
 乗客も殆どおらず、足立区役所でこの系統をわざわざ待っていると、他の人に不審な目で見られることもあります。(苦笑)
 そのため私は当初、この系統に対して、幽霊バスのような印象を抱いていました。
 しかしその一方で、都バス千住車庫の構内には、「王49 足立区役所←→千住車庫」という表示を出したバスがかなり多く留置されており、存在感を放っています。
 (しかも、この系統の行先表示は「オレンジ地に白文字」という、かなり目立つ色遣いになっています)

 ちなみに「足立区役所→千住車庫」の便の場合、千住車庫の停留所は国道4号上り線側にありますが、車庫は下り線側にあります。
 そのため、停留所で乗客を降ろした後、少し先の交差点でUターンして、上り線から下り線に入ります。
 停留所から交差点までは距離に余裕がなく、しかも慢性的に渋滞しているため、乗客を降ろしたバスは大急ぎで(殆ど「大慌て」に近いレベルで)右折車線に入っていきます。

☆市01系統 (新橋駅〜朝日新聞社〜築地中央市場〜新橋駅)
 築地市場や朝日新聞社の関係者(職員や出入業者)にほぼターゲットを絞って運行されている(と思われる)系統です。
 新橋駅〜築地中央市場までは1.25km程度です。

(この系統の特徴)
・休日(日曜・祝日)は運休で、その他の日も17時台に運行が終了します。
 一部の便は築地市場に寄らず、朝日新聞社から直接新橋駅に戻ります。(市場が休みの日は全てこの形態)

・非常に早い時間帯から運行しています。(新橋駅発5:02)
 市場は朝早くから動いているので、JRの初電からの乗り換え客をごっそりと受け入れよう…ということなのでしょうか。

・座席が革(ビニール?)張りとなっています。
 これは恐らく、「市場関係者が濡れた(汚れた)服で座っても大丈夫な(掃除しやすい)ように…」ということなのでしょう。
 座席の色は、普通席が薄紫、優先席がオレンジでした。(ちなみに、一般車両の座席は、普通席が青、優先席が赤です)
 革張りとはいいながらも、「夏に汗でべたつく」「冬にひんやりとする」という心配があまりなさそうな材質です。
seat.jpg
(↑写真をクリックすると、大きな写真が表示されます)

 余談ながら、私が乗った車両も、床には水がかなりたくさんこぼれていて、車内は生魚のにおいがかすかに漂っていました。
タグ:都バス
posted by たーしー at 23:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 [王49出入]に乗客がいるのって、1人だけ乗っているのを1度見たきりだった様な気がします。気のせいか運転手も、乗客がいない事を前提に飛ばしている様な印象が…(笑)。

 [王49出入]は[王49折返]の延長にある路線なのに、何故かわざわざ系統を分断しているんですよね。王子駅〜足立区役所〜千住車庫という1つの路線に統合してしまえばいいのにと思うのですが、運用上の理由か何かがあるのでしょうか。まさか、本系統(王子駅〜梅島駅〜千住車庫)と同じ行先表示になる事による誤乗を防ぐためではないですよね…。
 [王49折返]というのも、地元から見ると「折り返し」と呼ぶには本系統から随分外れている様に感じるのですが、都バスの巨大な路線網から見れば、本系統から僅かにはみ出している程度なのでしょう。
 “王49ファミリー”は不思議な路線です。
Posted by ゴエン at 2007年07月14日 22:25
 ゴエンさん、コメントありがとうございます。
 確かに、王49折返系統と王49出入系統は一本化しても良さそうな気がしますね。
 王49折返系統は、王30系統(王子駅〜亀有駅)を東西で分断し、その西半分を足立区役所へ乗り入れさせたことにより誕生した系統です。(ちなみに、分断された東半分の系統は、有30系統(亀有駅〜足立区役所)です)
 王30系統の分断に当たっては、(その時の路線再編を主導した)足立区や(王30系統の共同運行相手であった)東武バスとの条件取引も何かしら行われた可能性も否定できませんね。
 「王49折返系統と王49出入系統を一本化しない」ことも、もしかしたらその条件の一つだったのでしょうか?(もっとも私はそこに、合理的理由を見いだせませんが…)
Posted by たーしー at 2007年07月16日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46969011

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。