2005年11月25日

皇室典範改正の方向性固まる

 皇位継承権の見直し方向性を検討する「皇室典範に関する有権者会議」の最終報告書がこのほど、首相に提出されました。
 最終報告書では、「女性・女系天皇の容認」「皇位継承順位は男女にかかわらず直系長子優先」という方向性が打ち出されています。
 今後は政府が、この最終報告書に基づき、皇室典範改正法案を国会に提出することとなります。

 このブログでも以前触れたとおり、私はかねてから「皇位継承権に関する男女差別撤廃」を支持しており、今回の最終報告書がその通りの方向性でまとまったことを心から歓迎しています。
 (皇室典範の改正法が、今回の最終報告書通りの内容で1日も早く成立することを、切に願っています。)
 ただ、現状ではこの件に関して様々な意見があるのも事実です。
 改正法の成立を急ぐあまり、審議を強引に進めて将来に禍根を残さぬよう、議論は必要かつ十分に行い、できるだけ多くの人々の納得を得るような努力が必要でしょう。
 (もちろん一方で、改正法の成立に反対するあまり、審議をいたずらに引き延ばすようなこともあってはならないと思います)

****************************************

☆関連過去ログ… 7/5の政治・経済ネタ8/31の政治・経済ネタ
posted by たーしー at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9793602

この記事へのトラックバック

皇室典範改正
Excerpt: 少なくとも何事もなければ次の次の天皇は愛子さまが継ぐということになりそうです。 女性の皇位継承は反対ではありません。実際に天皇として即位した人は8人過去にいるわけですし、時代の流れも何も、特に前代未聞..
Weblog: 香炉半天
Tracked: 2005-11-25 21:27

女性・女系天皇容認か?
Excerpt: 女性・女系天皇容認、第1子優先 皇室典範改正へ報告書 (朝日新聞) - goo ニュース 小泉総理の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)は24日女性・女系天皇をも容認する報告書を..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2005-11-28 07:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。